【決定版】うなぎの通販のおススメ5選

みなさんうなぎは好きですか。
私も大好きです。
でも年々うなぎは高級なものとなりました。でも通販で老舗のうなぎ店の味を楽しめるようになったのも事実ですね。
このサイトではうなぎを通販で購入する場合のおすすめの通販業者や買い方をお知らせいたします。

どんなうなぎがうまいうなぎなのか

天然と養殖の違い

うなぎの美味しさの観点から言うと、養殖のうなぎは80点の安定したおいしさであるのに対し、天然は大きさや時期に左右されるということがあります。
30センチほどの小さな天然うなぎは油が乗ることはなく、また、蒲焼きにしても硬くなります、これは20点としましょう。
対して10月頃のうなぎで大型の80センチ以上のものは油が乗り、大変おいしくなります。
蒲焼きのたれを漬けて焼こうとしても油がたれをはじいてしまうほどです、これが100点満点のうなぎです。

 

天然のうなぎは季節と大きさにおいしさが左右されるということです。
養殖のうなぎは大きさを一定にしているのと、エサを常時与えているので太って油がのり、安定したおいしさがあります。
養殖の産地ですが、これは議論することが無意味です、稚魚のシラスウナギは世界共通ですし、水質などによってうなぎはほかの魚と違い、肉質に影響をうけません。
日本の養殖は7月の土用の丑の日にあわせるために大急ぎで大きくさせなければいけません。12月から翌年の1月に捕れたシラスウナギ(0.2g)を200gの成魚に大急ぎで育て上げるのです。水の冷たい時期に育てるために、ビニールハウスのような加温施設の中で育てます。
また水が冷たい時期でもあるために水を温めるボイラーも必要です。
そしてエサを無理やり食べさせないと早く大きくなりませんのでうなぎに寝てもらっては困りますね、ですから明かりを照らして寝かさないようにしています。
大変費用の掛かる養殖なのです。
対して中国や台湾の養殖は暖かい気候の中での露天での養殖です、池は広大でうなぎはのびのびと育ちます。水温などは暖かいまま安定し、うなぎの適した水温を保っています。
ことうなぎの養殖に関しては中国や台湾には実際に費用の面などからも「とうていかなわない」のです。
ですので、2000年ごろに中国などから大量に安い蒲焼きが入るようになった際には必死のネガティブキャンペーンを国内で繰り返しました。
日本の養鰻業者は何かほかの付加価値をうなぎの蒲焼きに付けてゆくような取り組みをしなければならないでしょう。
ちなみに一般に売られている養殖うなぎの食べ比べを産地を明示しないで行ったとします。
まず、一番おいしいのは台湾産、次に中国産、最後に日本、国産となるでしょう。
うなぎを扱う水産のプロに言わせても、一番は台湾という答え圧倒的でした。
近年は観光ツアーにうなぎの蒲焼き店がコースに入っていることもあり、日本人に人気だそうです。
うなぎの蒲焼きは日本の文化ですから、日本もうかうかしてられませんね
でも通販なら全国のとびきりうまいうなぎを取り寄せることができます。
国内で贈答用などに使う場合には外国産はすっかりイメージが悪くなってしまっているので国産のこだわり業者に依頼するのが一番でしょう。
うなぎ通販でおすすめサイトを参考にしてみてください。